キャリートレーニングのすすめ➀

❝気まぐれに更新していく予定です。❞と書いていながら
ホームページを作成してから1つも記事を書いていません・・・。
いい加減書かないと、と思い、何を書こうか悩みましたが、
初めの記事はキャリートレーニングのすすめにしました。


ネコちゃんをキャリーケースに入れるのに苦労した経験はありませんか?
動物病院で診察していると、「キャリーに入れるの大変でした」「キャリーを
見ただけで逃げていきました」「キャリーを出しただけで逃げられました」
「キャリーに入れようとしたら大暴れで」などといったことをよく聞きます。


猫をキャリーケースに入れて移動することなんてあまりないから、必要な時に
キャリーケースを出して入れればいい、という意見もあります。
確かに必要な時にだけ入れればいいのですが、いざ必要な時にネコちゃんは
ちゃんとキャリーケースに入ってくれるのでしょうか。
スムーズにキャリーケースに入れれるように、何もないうちから
キャリートレーニングすることをお勧めします。


地震、火災、台風災害、土砂災害、豪雨災害、噴火による災害など、災害の多い日本。
今も各地で災害が起きていますが、災害はいつどこで起こるかわかりません。
災害が起こったらネコちゃんを連れて避難しなければなりません。災害時は
人もネコちゃんもお互いパニックになっていることが往々にしてあります。
そんな時ネコちゃんを安全にキャリーケースに入れることはできるでしょうか。
無事入れれたとしても、慣れていないキャリーケースで、更にパニックになることも
あるかもしれません。そういった状況を少しでも軽減するために、普段から
キャリーケースに慣らしておきましょう。
慣らしておけば、万が一体調が悪くなって、動物病院に連れて行かなければ
ならなくなった場合でも、スムーズにキャリーケースに入れて連れて行くことが
できるかもしれません。


ということで、いざという時に備えて、普段からキャリーケースに慣らしておきましょう。
そのためにキャリートレーニングをお勧めします。
次回はキャリートレーニングの方法の一例を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました